2005年11月05日

この世はクラインの壷

岡嶋二人という作家が書いたミステリー小説『クラインの壷』は僕たちの世界か?と思ったりする。


クラインの壷
クラインの壷


『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』もそうだ。

この宇宙は、僕の意識に存在する宇宙であって、僕以外の全ては(申し訳ないが)僕の夢の産物である、というように。

だから、あなたの意識にはあなたの宇宙があり、その中で僕は脇役として存在しているかもしれない。(いなかいもしれない。)

そんな儚いうつつを僕たちは一瞬の内に走り抜けていく。

posted by ホーライ at 20:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
latus chilostomatous spanishize coalmonger pawnee angel patterning coastwise
<a href= http://www.lunch.ie >Lunch.ie</a>
http://www.srh.noaa.gov/forecast/MapClick.php?CityName=Stafford&state=OK&site=OUN

羊をめぐる日記
Posted by Paulette Booth at 2007年12月16日 15:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9001676

この記事へのトラックバック

今日も理沙子は溜まっていたようだ・・・(^^;)
Excerpt: 先週から、契約している理沙子だが、やっぱり今回も長時間の激闘だった・・・今回は一発あたり○万の契約だから、確かにいい金にはなるし、理沙子は一般的に見てもまだまだ30代には見えないとても俺みたいなのが普..
Weblog: 【☆*逆縁サーチ*☆】
Tracked: 2005-11-05 23:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。