2005年11月01日

羊をめぐる日記が始まった

と言うか、始めた。

村上春樹の「羊をめぐる冒険」と出合ったのは、初版が出た1983年。
今から、20年以上も前だ。

その頃、僕は薬科大の大学院1年生だった。

「ピロリジン」という基本骨格を持った有機化合物の合成をやっていた。

僕がやった研究は抗菌剤と抗痙攣(けいれん)薬の合成研究だった。

村上春樹の本は「風の歌を聴け」から読み始めていた。
「ピンボール」まで読んで、次の作品はまだか、まだかと待っていたところに「羊」である。


何を食べたら、こんな小説が書けるんだろうね?

posted by ホーライ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8853316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。